kim23の住友林業で、あっ!というマイホームを建てます

約39坪の我が家と約24坪の賃貸物件を同時に建てます。玄関ホールのウッドタイルと22.5帖のLDKであっというマイホームにします(;^_^A

外構の玄関

外構の玄関廻りは、

こんな感じで玄関の前に壁があるだけのシンプルな構造です・・・(;^_^A
表札は、美濃クラフト:TN-41

ポストは、タマヤ:T53-2B3(色は未定)

それから、スポットライト、ODELIC:OG 254 096

住友林業の営業さんの強いおすすめで採用しました。

こんな感じになりました。
やっぱり、スポットライトがあるのと無いのとでは、雰囲気が全然違いますね・・・


先行外構工事

9月19日の夜、出掛けた帰りに寄ってみたら・・・


工事が進んでいました~♪
写真は、夜なので暗くてスミマセン・・・
こちらが中央の段差部分です。

こちらが隣接境界部分です。

わかりにくいので、完成予想図で言うと

上が左側の赤丸部分で、下が右側の赤丸部分です。
ちなみに、青く囲った部分が不要になった機能門柱です。


今日、仕事の帰りに寄っても、真っ暗だからなぁ・・・
でも、このぐらいの写真は撮れるか・・・ 寄ってみるかな。でも雨の予想が・・・(^^ゞ

最終的な外構工事の費用

前の記事でも書いたんですが、住友林業緑化(株)の見積もりは、470万円超えの金額でした。

営業さんから紹介された業者の見積もりが約250万円だったので、こちらの業者にお願いしていました。
9月17日設計さんとの打ち合わせの中で、賃貸物件の仕様確認をしていたら、表札や郵便受けは、建物についているということだったので、外構さんに連絡して表札・ポスト一式を削ってもらいました。

正面の階段手前の機能門柱を削除しました。


そして・・・
外構工事の最終価格です。一挙公開します。


土工事
  掘削(機械)、掘削(人力)、埋め戻し(人力)、発生残土:場外処分、重機損料、
  重機回送費
  303,700円


組積工事
  水盛・遣方、門柱(ブロック積用ベース基礎;7段以上用)、
  重量ブロック積;CB150-C、型枠ブロック積用ベース基礎;3~4段用、
  化粧型枠ブロック積;東洋工業 RMレガロ、
  天端モルタル仕上、階段下地、ピンコロ縁石
  514,390円


仕上工事
  吹付仕上:下地左官、吹付仕上:本体同等品、抜き型枠、
  ポーチ;土間コンクリート荒打、床タイル貼;本体同等品、
  伸縮目地;エキスパンタイ、
  駐車スペース;土間コンクリート打;刷毛引き仕上、
  土間コンクリート打;洗出し仕上、砂利敷き(6号砕石+防草シート)
  1,028,650円


付帯金物工事
  表札;美濃クラフト:TN-41、取付工事費
  ポスト;タマヤ:T53-2B3、取付工事費
  スポットライト;ODELIC:OG 254 096、
  電気工事費;インターフォン配管・配線・取付共
  メッシュフェンス;LIXIL:ハイグリットフェンスUF8型T-8、切詰加工費、
  取付工事費、支柱独立基礎、フリー支柱、支柱取付費
  アルミ手摺;LIXIL:グリップライン、支柱取付費、笠木取付費
  310,500円


造園工事
  シンボルツリー;ホンコンエンシスH:2.5、低木:アベリア、造園工
  61,750円


直工事費       2,218,990円
雑工事・養生費         44,380円
産廃・残材処分費        55,475円
小運搬費・諸経費      10,950円
   工事費合計      2,429,794円
値引き            -9,794
   総工事費       2,420,000円
です。
最初の見積もりから80,000円安くなりました。
この費用を浴室換気暖房換気扇に割り当てます。(笑)

先行工事の進行状況

昨日(9月17日)、住友林業設計さんとの打ち合わせに行く前に、工事状態の確認に寄ってみました。
朝9時過ぎでしたがすでにトラックが来ていて、人はいなかったけど、今日は先行の外構工事をするのかな・・・



と思っていたんだけど、打ち合わせの帰りに寄ってみたら、一輪車と道具が置かれていたものの、工事は進んでいませんでした(^^ゞ


住友林業の土台工事の開始が9月25日からなので、まだ時間的には余裕があるかな・・・


それから、住友林業設計さんから、基礎工事が始まっても、進みはかなりゆっくりだと言われました。


どうやら、毎日見に言ってもあまり変化が無いらしいです。
クレームを受けないための伏線でしょうか・・・(笑)


ゆっくりでも良いので、確実に工事を行なってくれれば良いです。
はたして、どんな工事になるのでしょうか・・・


今は、仕様がほとんど決まったので、すこしのんびり出来るかな・・・


と思ったところに、まだ9月23日に住友林業レジデンシャル(株)との打ち合わせがありました・・・(^^ゞ

生産さんとほぼ最後の打ち合わせ

今日(9月16日)は、みなとみらいの横浜支店で生産さんとほぼ最後の打ち合わせでした。
母屋の部材の最終確認と、借家の壁材等の色確認でした。


そうそう、やっとVRを見せてもらいました。
少しデータが古い部分もあったけど、イメージが大体わかりました。
色々と動かしていたら気持ち悪くなってきた・・・(;^_^A


母屋の確認では、ほぼ変更がありませんでした。一点を除いては・・・


その一点とは・・・
浴室の浴室換気暖房換気扇(200V)の追加です。
浴室の打ち合わせでは、設計さんから特に勧められなかったので、いらないと言っていました。


しか~し、住友林業レジデンシャルの人から借家の要求項目の中で、浴室換気暖房換気扇が推薦項目となっていました。
賃貸物件で推薦項目なのに、母屋には付かないっておかしいんじゃない!!!
次男が朝方に仕事から帰って風呂に入るときに、今までも、冬の時期は浴室暖房で部屋を暖めてから使っていたらしいです。
ってことで、設計さんに差額を聞いたら50,000円ぐらいとのこと。


早速、付けてもらうように変更しました。正式な金額は聞いていないけど、どうなるんでしょうか・・・


それから、もう一つ。
賃貸物件の設備を確認していたら、表札と郵便受けが付いていることが判明。
先日の外構さんとの打ち合わせで、賃貸物件の玄関の階段下に機能門柱を付ける見積もりとなっていました。
完全にダブってることが判明。
急遽、外構さんの工事から機能門柱をキャンセルしてもらいます。差額が約60,000円。
これで、浴室換気暖房換気扇の差額分と相殺です。